維持する努力も必要

看護師にとって最も注目されるスキルアップの方法は、資格の取得です。
どのような資格であっても取得すれば現場での評価が高くなりやすいだけでなく、実際に現場で活用できるスキルが身について仕事にやりがいが生まれてきます。
資格を取得した直後や講習や実習を経て、そのときの最新のスキルを身につけることができるでしょう。
それをそのまま現場で活用できるため、飛躍的に能力が向上した自分を実感できる場合もよくあります。

しかし、資格を持って長年働いていると、だんだんとその効果が減弱しているのを実感する場合も少なくありません。
年月が立つとだんだんと資格取得の時に身につけたスキルが古いものになってしまって、もはや当然のことのようになっている場合があるからです。

そのため、資格を取得した後も関連する研修を定期的に受けて、スキルを最新の状態に維持していく努力が大切になります。
資格によっては研修を受けることが資格の維持に必要とされている場合もありますが、それが全ての資格に当てはまるわけではありません。
たとえ必要がないとしても、定期的に自分のスキルを最新の状態にしていくことが看護師が資格を強みにして現場で活躍するためには欠かせないことです。
研修を受けるだけで十分にスキルアップをできるようにするための基盤が、資格の取得によって得られていると考えておくと良いでしょう。
ただ現場での活躍を続けるだけでなく、スキルアップを続けていくことが資格の保持者として大切な考え方なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です