欲張らないことが大切

看護師として活躍していきたいと考えたら、スキルを高めることは欠かせません。
キャリアアップのためにも、能力の向上によって患者や自分を満足させるためにも、重要なのが現状に満足しないことでしょう。
少しでもスキルを高めていく努力を重ねることは、医療従事者に求められていることでもあります。
その方法として注目されるのがスキルアップの研修です。
各地で実施されている研修に参加すると、その内容に応じて看護や医療などで役立つスキルや知識が身につけられます。

しかし、参加しても何も得られなかったという人もいないわけではありません。
そのような失敗をしてしまう人に多いのは、一回の参加で多くのスキルや知識を獲得しようと欲張りになってしまっていることです。
人は短時間で大量のスキルや知識をつけられるほど優秀ではないのが一般的であり、自分の力量に見合った程度のスキルアップを目指すことが欠かせません。
欲張りすぎてしまって色々なことを表面だけ理解するよりも、重要な一つに焦点を置いて身につけた方が実際に役に立つのは明らかでしょう。

スキルアップを目的として研修を受ける際には、概要を見てまず目標を立てることが大切です。
具体的に獲得したいスキルは何かを明確にして、その目標を達成することに注力してみましょう。
他の内容については表面だけ理解するにとどまってしまったとしても、少なくとも一つは役に立つスキルが身につきます。
それを成果として次につなげていけばよいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です